loader

PIXELA CORPORATION 中途採用

家庭に置かれる暮らしに身近な製品をつくりたい

ソフトウェアエンジニア

K・T さん

2007年入社

インターメディアプラットフォーム開発部第四開発グループ グループリーダー

入社の決め手は?

元々は公共事業系のシステムエンジニアとして働いていました。何か新しいことがしたくて、ECなどを扱うWeb関係の会社に転職したり、海外に1年いたり、ベンチャー企業に身を寄せたりしました。そうしているうちに、家庭に置かれる製品を作りたいということが見えてきて、自社でイチから製品を作っているピクセラに興味を持ちました。

ソフト・ハードを自社で全て作っているという会社は、身近にあるようですが、実はそんなにないんですね。

その時勤務していた会社では、組み込みソフトウェアやコーデックソフトウェアの開発も行なっていたので、それを活かしてやりたいことができるのではないかと思ったのです。

今どんなことをしていますか?

入社直後はコーデック関係の仕事をしていましたが、途中から家庭用テレビ(PRODIA)の仕事に移りました。それ以降は、家庭向けのハードウェア寄りのソフトウェア開発をメインにやっています。

自社製品のワイヤレス テレビチューナーやOEM向けのセットトップボックスなどの、ドライバーやハードウェア制御用のソフトだったり、テレビの上層を制御するための実装・設計まで幅広くやっています。LinuxやAndroidの中身を見ることもありますし、下から上まで全部やっているという感じですね。

色々な部分を見られる一方で、知識がテレビに偏らないように情報収集するように心がけていたりもします。

やりがいを感じることはなんですか?

一つの製品が出るまでには、やはり苦労も多いです。けれどピクセラはエキスパートが多いので、何か問題が起こったときや困った時に高度な話し合いができる環境があると感じています。

そういった苦労を超えて、発売された製品をユーザーさんが手に取っているところを見るとやりがいを感じますし、家電量販店に訪れたときには、自社製品の棚を見に行ったりもしますね。

今後の目標は?

ピクセラはテレビ関連の技術に強みを持っている会社ではありますが、今はそれ以外のことにも熱心に取り組んでいます。私自身、軸を増やすという意味でも、テレビだけではなく世の中の役に立つようなサービス・製品に、より関わっていきたいと思っています。

ピクセラは色んなエンジニアがいる会社です。大学院に長くいた人もいれば会社を渡り歩いてきた人など、さまざまな経歴を持った人がいるので、人を受け入れやすい空気があると感じます。チームの関係もフラットですし、意見を言いやすい環境です。ですので、今までどういった経験をしてきたか、というよりもどう「問題を解決してきたのか」が大事だと思っています。

自分で向かっていける人に、是非ピクセラにきていただきたいですね。

その他の社員を見る

ぜひこれまでの経験を生かし、私達と一緒に新しいことに挑戦してみませんか。

みなさまのエントリーを心よりお待ちしております。

pagetop